appli02_red

高齢化に伴い人手不足が深刻化しているため、条件にこだわらなければ、簡単に仕事が
見つかる
と言われる時代になりました。

しかし、ブラック企業や、実質的に最低賃金以下しか支払われないような会社には転職
したいとは思わないでしょうし、重労働な上に低賃金で将来性が期待できない業種にも
転職しようという意欲すらわからないと思います。

まともな企業でも、ボーナス0で年収200万円台といった求人が地方では珍しくない
ため、どれだけ人手不足であろうが、応募する気にもならないのではないでしょうか?

神奈川県在住の相川修一さんは、バブル時に都市銀行に入社後、山一證券に転職し自主
廃業で失業した経験がありますが、アメリカの大学院を卒業してMBAを取得したのにも
関わらず、転職を12回も繰り返す羽目になったといいます。

とはいえ、一般的には、転職回数が増えるに従い、そのたびに雇用条件が悪化していく
ものですが、相川さんの場合は途中からキャリアアップの転職に変わっていったため、
転職するほどに好条件になっていくという好循環に入ることができたといいます。

相川さんが転職する際に気をつけたポイントは以下の3点です。

  • 徹底したスケジュール管理
  • 徹底した転職エージェント対応
  • 徹底した面接準備

これらのポイントが不十分だと、いつまでたっても好条件での転職ができなくなったり
転職するたびに自らを安売りせざるを得なくなるという悪循環に陥りかねません。

速攻の転職」では、短期間のうちに好条件の転職先にスムーズに移動するための3つ
のポイントを学ぶことができます。

自分の学歴や職歴などにコンプレックスを抱いていたとしても、正しい手順を知ること
で、ホワイト企業に意外な好条件で採用されることに驚くのではないでしょうか?

s-check2-2