appli02_red

一般的な転売・せどりは、小売店などで商品を仕入れて、ヤフオクやamazon、eBayと
いったネットオークションサイトなどに出品するため、ライバルが多いだけでなく利益
が少ないなどの問題点がありました。

このため、仕入れ価格を減らそうと思って、メーカーや問屋から仕入れる人もいますが
仕入れ量が少ないと相手にされませんし、ライバルが多い事自体には変わりがないため
激しい競争から抜け出すことは難しいです。

そこで、札幌市在住の浅井さんが提唱するのが「クラウド貿易」です。

日本のマーケットへの進出を狙っている海外のメーカーと独占販売契約を結んだ上で、
ヤフオクやメルカリ、amazonなどに出品するのではなく、クラウドファンディング
用いることで、在庫リスクや価格競争の影響を最小限に抑えることができます。

クラウドファンディングと言っても、募金や出資を求めるものだけでなく、支援金額に
応じて商品を提供するかどうかをきめる「購入型クラウドファンディング」にすること
で、先に手元に現金を受け取ってからメーカーに注文を出せるため、在庫リスクや価格
競争に苦しめられる心配はありません。

無在庫転売などと比べてもリスクが低いために、無理なく実践できます。

クラウド貿易では、仕入元となる海外のメーカーや商品の探し方から、効率よく利益を
出すために必要な各種データなどが手に入ります。

また、クラウド貿易はマニュアルを渡して終わりではありません。

初回30分間のスカイプコンサルで個別指導が受けられます。
その後もメールやLINEを用いた個別サポートが受けられますので安心です。

s-check2-2