appli02_red

「YouTubeをつかって稼ぐ」
というと、Youtuberのイメージが強いですが、広告収入以外にも稼ぐ方法があります。

最近増えているのが、集客手段としてYouTubeを活用する方法です。

SNSやブログ、ランディングページなどと同じように、YouTubeから集客して商品を
販売したり、サービス申し込みに誘導することで収益化をはかれます。

自社商品・サービスがなくても、アフィリエイトやドロップシッピング、OEM商品など
を活用すればいいわけです。

その他、リスト獲得に誘導することで、ダイレクトマーケティングを行えます。

それでは、どのようにYouTubeで集客すればいいのでしょうか?

YouTube動画で集客するというと、顔出しして広告宣伝を行うイメージがつきものです
が、無理に顔出しをする必要はありません。

ブランディングのために顔出ししたほうが効果的な場合には、どんどん露出を増やした
ほうがいいですが、業種や職種によっては逆効果になる場合もあるでしょう。

必要に応じて、顔出しするかどうかを決めると効果的です。

また、動画作成に際して高額な機材やツールなどは一切不要です。
スマホ1台あれば、動画撮影や編集が行える時代です。

「Catch the Web Asia」CEOで「Catch the Web」グループ創設者の横山直宏さんは、
YouTubeをはじめて半年間でチャンネル登録者数が2万人を突破し、月1000万円を
超える稼ぎ
をあげているといいます。

最近では、月2000万円を超えることもあるという横山さんですが、チャンネル登録者
を増やすために行った、具体的な方法をまとめた「最新ビジネス系YouTube攻略法」を
公開しました。

正しい方法論を知ってしまえば、才能やセンスなどに左右されず、安定的にYouTubeでの
集客ができるようになります。

広告費をかけずに集客する方法が手に入るわけですから、売れ行きが下がる一方で苦しい
状況においては大いに助かるのではないでしょうか?

s-check2-2