appli02_red

インターネットビジネスで成約率や販売数を増やしたいと思ったら、販売ページは重要
なポイントの一つです。

最初の数秒間で閲覧者が興味を感じなければ、簡単にページやタブを閉じるため、最初
にインパクトを与えられる構成にしておくことが重要です。

しかし、派手なアニメーションにしたり、豪華な画像などを並べたところで、パソコン
よりもスマホで見ることが増えている状況では、かえって表示されるまでに余分な時間
がかかったり、レイアウトが崩れてしまったりと、逆効果になりかねません。

見た目の派手さよりも、商品の魅力などがひと目で分かるようにしておくことが重要に
なります。

このため、ランディングページ(LP)を作成する販売者が増えています。

ランディングページというと、縦長の1ページの形式が多いですが、以前は情報商材や
ネットワークビジネスなどで数多く見られたために、悪徳商法の代名詞などと言われて
いましたが、今では一般的に見られるようになりました。

ランディングページを見る機会が増えた理由は簡単で、成約率や反応率が高いからです。

1ページにすべての情報がまとまっているため、ページ移動をする必要がなく、上から
順番に必要な情報を読んでもらうことができます。

ユーザーが迷うことなく申込までたどり着けるため、成約率が高くなる特徴があります。

しかし、ランディングページの出来が悪ければ、期待はずれな結果に終わります。

きれいなデザインでも、成約率が非常に悪いケースは珍しくありません。

ランディングページを閲覧したユーザーの存在を無視した「押し付け」な流れだと途中
で離脱されてしまいやすくなり、成果につながらないのです。

この問題を解決するのに役立つのが「売れるランディングページの作り方」です。

売れるランディングページを作り続けた実績あるプロから、正しいノウハウを学ぶこと
ができます。

s-check2-2