appli02_red

せどりが流行し始めた頃は「中古品の転売」=「せどり」というイメージが有りました
が、現在では、中古品・新品に限らず、転売全般をせどりと呼ぶことが増えています。

中古品の転売に関しては、基本的に一品物の扱いとなるため、仕入れが安定しない場合
が珍しくありません。

このため、転売益の高い商品を仕入れることが、少しでも安定的に稼ぐために必要です
が、なかなか思い通りの仕入れができない場合も多いものです。

そこで、「せどり職人しみぃ」さんが推奨するのがジャンク品の転売です。
仕入れ価格は、ほとんど無料に近い場合も珍しくありません。

ジャンク品といっても、本当に壊れている商品をそのまま出品する場合もあれば、修理
できるものであれば、正常動作する状態まで修理して中古品として出品する場合もあり
ます。

壊れたまま出品しても、その商品のなかの一部の部品が欲しい人が購入する場合がある
ため、意外に値段がつくことも多いです。

もちろん、修理して中古品として出品できれば、大きな転売益が狙えるわけです。
仕入れ価格の10倍、100倍の値段で売れることも珍しくありません。

ジャンク品の修理というと難しく感じるかもしれませんが、ほとんどの商品は専門的な
知識がなくても、そのままクリーニングするだけで売れる商品にすることが可能です。

「せどり職人しみぃ」さんも、修理に苦労する商品に出会うことは少ないといいます。

このジャンク品を用いた中古せどりのノウハウを「JUNK FINAL METHOD」という
マニュアルとして公開しました。

「JUNK FINAL METHOD」はジャンク品転売の基礎知識と、ブックオフ・ハードオフ・
ヤフオク・メルカリなどの仕入先ごとの攻略法などをまとめています。

s-check2-2