appli02_red

企業が資金を集める方法として注目されているのがクラウドファンディングです。

寄附型だと受け取った資金を自由に使えますが、そう簡単に資金を提供してくれる人も
いないため、何らかの対価を提供する購入型クラウドファンディングを選ぶことが多い
です。

資金調達としてよりもマーケティング効果を狙って利用するケースも増えています。

しかし、購入型クラウドファンディングであれば、どのような業種であっても利用する
価値があるというわけではありません。

支援をおこなう周りの人の共感がえられないような場合には、炎上したり、トラブルに
なりかねませんし、ターゲットなどを間違えると不成立に終わります。

実際にクラウドファンディングが成立するのは全体の30%程度と低めです。

この購入型クラウドファンディングにおいて、成功例と失敗例には明確な違いがある
指摘するのはクラウドファンディングを運営するCAMPFIRE社外パートナーの大村和彦
さんです。

大村さんがサポートした案件で累計6億4000万円の資金調達に成功しています。

この大村さんがサポートして成果を出している、クラウドファンディングのノウハウ
を学べるのが「中小企業のクラウドファンディング活用法」です。

「中小企業のクラウドファンディング活用法」は、ビジネスの売上が伸びるクラウド
ファンディングのノウハウや方法を約2時間の動画にまとめました。

見込み客を増やして、売上アップを狙えるという中小企業のクラウドファンディング
活用法を身につけることができます。

s-check2-2