appli02_red

「被リンクSEOの時代は終わった」とか、「ブラックハットはペンギンアップデートで
飛ばされるから、ホワイトハットが唯一絶対の正攻法」などといった意見が主流でした
が、いわゆる「健康アップデート」の導入以降は、ホワイトハットであろうが容赦なく
飛ばされるサイトやブログが続出
しました。

オリジナルコンテンツをしっかりと作り込んでいようが容赦なく消え去り、上位表示を
されるのは楽天やamazon、Yahoo!やメルカリばかりというケースが続出しています。

これ以降、コアアップデートが起こるたびにアクセス数が激減するWebサイトやブログ
が続出しており、ネットビジネスに携わっていた人の中には退場に追い込まれるほどの
被害
を受けた人も少なくありません。

あなたが作成していたWebサイトやブログも、検索エンジンからの集客が全くできなく
なったかもしれませんね。

現在の検索エンジンでは、「キーワードとコンテンツの関連性」を重視しています。

どれだけ良質なコンテンツを作成しても、検索キーワードと内容とがずれていると検索
エンジンが判断すれば、容赦なく順位を落としています。

コンテンツの品質を高めることばかりに注力していると、このキーワードとの関連性と
いう観点が抜け落ちてしまうために、いくら記事作成に力を入れても全くアクセス数が
伸びないという結果になるわけです。

そこで、あせって被リンクを増やしたりすると、ペナルティを課せられてアクセス数が
更に減るということにもなりかねません。

小手先の対策ではなく、完全リニューアルをするように、根本的にサイト設計からやり
直さないとアクセスが戻ってこないケースも増えています。

「検索ユーザーの意図を考慮したサイト構成が重要」だと指摘するのは、Web Culture
Service代表の加藤理人さんです。

a8リサーチユーザーコンテンツリサーチなどのツールを販売している加藤さんですが
SEO対策に関する研究や対策のアドバイスなども行なっています。

そこで、現在のgoogleの検索ロジックに対応するためのSEOを学べる動画セミナー
加藤さんが作成しました。

それが「IR-SEO」(Intention Relevance SEO)です。

現代のSEOにおいて、もっとも優先するべき3つの項目がわかります。

合計9時間を超える本格的な動画セミナーですが、SEO初心者でもわかりやすく理解が
できるように説明されているために安心です。

s-check2-2