appli02_red

せどり・転売ビジネスに取り組んで、利益が出たら嬉しいのは当然ですが、それで終了
というわけにはいきません。

次の仕入れのための資金に活用するのはもちろんのこと、資金に余裕が出てくれば外注
費用などにも回したいと思うでしょうし、自分の道楽や生活費の補填などのために使い
たくなる人もいるでしょう。

借金を抱えているのであれば、返済資金に回すのが最優先かもしれません。

しかし、せっかくの利益を全て使い果たしてしまうと、毎年2月から3月にかけて困る
ことになりかねません。

この時期は毎年のように確定申告が受け付けられており、税務署に書類を提出する必要
があるからです。

一応、年20万円を目処として、それ以下の利益しか出ていない人であれば、確定申告
をしなくてもペナルティはありませんが、20万円を超える利益を出しながら確定申告
をしないまま放置していると、無申告・脱税となり、本来支払う税金よりも多額の金額
を支払う結果になります。

もちろん、確定申告をしても、その内容がメチャクチャであれば、不足分に加えて罰金
が請求されるため、正しく申告する必要があることは言うまでもありません。

確定申告の手続きが面倒だと思うのであれば、全て税理士に任せるといいでしょう。
税理士を雇う費用はかかりますが、安心感が得られます。

一般的には、年収600万円が税理士を雇うかどうかの目安と言われますが、あなたが
そこまで転売・せどりで稼いでいないというのであれば、自分自身でやったほうがいい
場合もあります。

その際に役立つのが「せどらーの為の経理の教科書 セドケイリ」です。

社員800人規模の会社で経理責任者を務めた経験がある中野伸彦さんが、経理や確定
申告の基礎知識を知らない人でも理解できるように説明したマニュアルです。

セドケイリは転売・せどりに特化した内容となっているため、市販の書籍をみても全く
参考にならなかった人でもスムーズに理解して、あなた自身で確定申告が行えるように
なります。

s-check2-2